眠れない原因を特定して毎日快眠を目指していく

不眠の種類

眠れない症状に悩んでいる人の多くが、不眠症が原因である場合があります。
不眠症になってしまうことによって、規則正しい睡眠を取ることが難しくなってしまうのです。
不眠症というと単に眠れないという簡単な括りで考える人が多いのですが、この症状にはいくつかのパターンがあります。
このパターンの種類は5種類となっていて、それぞれのタイプの違いによって治療の方法が変わります。
的確な治療を行うためには、このようにまずは眠れない原因となっている不眠症のパターンを把握しておくようにしましょう。
そうすることで、必ず効率良く症状を改善するために最適な方法を選択することができるのです。

では5種類の不眠症パターンを紹介します。
まず、入眠障害や熟睡障害というタイプがあり、この場合寝付きが悪かったり熟睡できなかったりするなど、総合的に眠りが浅いということになります。
また、しっかり寝付けたとしても、すぐに起きてしまう場合があります。このパターンは、中途覚醒や早朝覚醒というタイプの不眠症です。
このほかにも、睡眠障害には過眠症も挙げられます。過眠症は寝すぎてしまう症状です。
普段寝すぎてしまうということで、本来寝るべき時間帯に眠れない場合があるのです。
このように、眠れない原因の不眠症の中で、自分がどのパターンに当てはまるのかということをしっかり把握するようにすることが大切です。
普段から体調に何か不調を感じる場合、その症状を見過ごさないようすることが大切な判断材料になります。